正しいシャンプーの仕方。

秋は抜毛の季節。と

繰り返し言います。

それくらい抜ける人が増えます。

 

季節によるものだからしかたないと

思えばそれまでですが、

使っているシャンプーが

もし、頭皮に悪いものだったら。

シャンプーを良い物に変えても

シャンプーの仕方が間違っていると

したら。

さらに抜毛は増える事になるでしょう!

 

そこで、正しいシャンプーの仕方を

おさらいしていきたいと思います。

 

シャンプーの仕方が間違っていると、

本来の髪を悪くします。

シャンプーをつけて髪を洗うことは、

髪の毛そのものを洗うことではなく、

頭皮から分泌する皮脂や老廃物を

洗い落とすことです。

シャンプーすることを『洗髪』といいますが、

この言葉がいけないのです。洗髪ではなく『洗頭』と

言った方が解りやすいと思います。

シャンプーの基本は、

髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うこと。

こう考えると、シャンプーに対しての考え方が

自然と変わってくるはずです。

 

まず、お湯の温度は?

シャンプーの時、熱いお湯や強いシャワーは×です。

熱いお湯を浴びるとキューティクルが立ち上がり、

髪の毛がボワッと膨らんでしまいます。

髪の毛にとってベストなお湯の温度は38℃。

シャワーの時には、シャワーを体温に

近いぬるめの温度に調節して使ってください。

 

次にどう泡立てるか?

まず、シャンプー剤は、

髪の毛の上からつけるのではなく

頭皮につけます。

しかし、シャンプーの原液をそのまま

頭皮につけただけでは、

頭皮全体に行きわたりません。

 

なので、頭皮にしっかりと

シャンプーがつけて

頭に円を描くように

泡立ててください。

ワックスなどつけていると、

泡立ちが悪いので、

シャンプーを一度つけ、

軽くお湯で流して、

もう一度シャンプーをつけてください。

 

ふわふわな泡ができてから

洗いましょう!!

 

どこを洗えばいいのか?

頭皮を指の腹でマッサージするつもりで

ここでもポイントは『頭皮を洗う』と言うことです。

頭皮は髪の毛が生まれる畑と

いってもいい大切なところです。

汚れを落とすことはもちろん、

よくマッサージして、健康な地肌を保ちましょう。

 

流すときはどうするの??

流しもマッサージをするように、

頭皮をしっかりと流します。

シャンプー剤が残ると、

汚れの原因にもつながります。

 

髪を洗うのではなく、頭皮を洗う。

コレが大切です。

 

ということは、やはり

頭皮を傷つけずに洗うには、

頭皮に優しいシャンプーが

必要不可欠になります。

 

頭皮用でさらに男性用のシャンプー

について、さらに知りたい!!

そう思ったら、今すぐ

《コチラをクリック》

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です