シャンプー選び① 悪い成分を避けよう

最近、巷ではノンシリコンシャンプー

流行っていますよね。

 

特に疑問を持たず、

「ノンシリコンシャンプー =

自然派で髪や頭皮に良いシャンプー」と

思っている方も多いと思います。

しかし、本当に「髪や頭皮に良いシャンプー」を

選びたいなら、シリコンよりも

注意しなきゃいけない成分があることを

知っていましたか?

シャンプーは、色々な物が売られていて

何を使えばいいか分からない方も

多いと思います。

 

市販で売られているシャンプー全てが

悪いわけではありません。

 

ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムなど、

「ラウリル」と「硫酸」がつく成分。

石油系合成界面活性剤のひとつです。

 

この成分を避けるだけでも、

悪いシャンプーを90%ちかく

避けることができます。

また、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEAなどの

成分表示が上のほうにあるシャンプーも

避けたほうが無難です。

同じ石油系のラウレス系です。

シャンプーの裏面に成分が記載されています。

これらの成分は、洗浄力が強すぎるため、

頭皮や髪に必要な脂まで取り過ぎてしまいます。

頭皮や毛根などに悪影響を

およぼすこともあります。

パーマやカラーのくり返しなどで

傷んでいる方は、

髪の内部の栄養が抜けやすくなっています。

そこに洗浄力の強いシャンプーを使うと、

シャンプーするたびに髪の傷みが

激しくなります。

また、カラーの色落ちが早くなる、

パーマが取れやすくなる事も。

健康な髪への第一歩は、

自分に合ったシャンプーを使う事です。

その後に、トリートメントも選びましょう(^^♪

トリートメントをしたほうが、

指通りが良くなりセット時や、てぐしを通した時に

引っかからなくなり抜け毛が減る、

髪に良いメリットがたくさん♪

男性でも、使ってあげてください!!

頭皮に優しいシャンプーを

知りたい!!という方は、

《コチラをクリック》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です